2009年12月05日

下村湖人の生家

下村湖人の生家


「次郎物語」の作者として知られている下村湖人の生家です。明治時代の初期に建築され、この家で湖人が幼少期を過ごしました。昭和45年下村湖人生家保存のため、下村湖人生家保存会によって買収、修復されました。また、平成9年から10年にかけて、傷みのひどくなった瓦や屋根を「瓦一枚募金」によって修復されました。この生家は明治時代初期の建造物として、また次郎物語第1部の舞台として非常に貴重なものです。毎年10月3日に行われる湖人生誕祭や小中学生の交流の場として活かし残していくとともに、下村湖人の業績をたたえ、また精神文化の拠点なる重要な文化財として大切に守られています。


〒842-0065 佐賀県神埼市崎村

交通アクセス 佐賀駅からバスで30分
営業期間 休業 : 祭日の翌日
休業 : 月
0952-44-2384

posted by ss at 17:38| 下村湖人の生家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。